~Time ~自分サイズで暮らす

書ける時&書きたい時に書くブログ~文房具、文房具カスタマイズ、手作りのことなど趣味や暮らしのことなど主に備忘録的に

叱咤!(激励)手帳♪  CITTAダイアリー (※余談が長いです、すみません)

にほんブログ村
トラコミュ
CITTA手帳 /CITTAダイアリー, CITTA DIARY


 こんにちは。
桃(@hanagoromomo)です。
楽しみつつの手帳を健康面にも役に立てるべくあれこれしたいなー♪・・・の日々です。(*^^*)



 今日は <叱咤(激励)手帳>!(`・ω・´)キリッ
・・・・・・じゃなかった、CITTA手帳について。


by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ



私がCITTA手帳の存在を知ったのは、


Twitterのハッシュタグ #手帳ゆる友 の発起人「手帳ライフ研究家」を名乗られている藍玉さんのブログ「藍玉スタイル」の記事
「手帳の使い方インタビュー#26 【前編】CHIGUSAさん×CITTA DIARY」「【後編】」にて、でした。

その記事を読み、
CITTA手帳の前身である<CHIGUSAさんが手書きで作った手帳>の写真を見て、
CITTA手帳に気持ちをむぎゅっと掴まれまして、

『使いたい!』
と購入したのが2015年版。

こういうのって理屈じゃないですよね、
『使いたいと感じた手帳を使いたい。』というのは感性・感覚の次元だから。

CITTA手帳を初めて知り、
注文後実際に手にとった2014年。
『この手帳は、「来る(←人気が出る)」手帳だな。』と直感で(と他の要素でも)感じました。(←手帳を愛用している手帳好きさんが持っているだろう感覚と思います。)

既に2016年用は在庫が無く、
現在は、12月に増刷決定で準備中だそうです。
未購入で、これから購入したい方はそこで購入出来ますね。


 
 このCITTA手帳、
私にとって 【叱咤(激励)手帳】です~。

元々私は、<自分でこれを叶えたい>という内容を、それ専用のノートや手帳に記帳していました。
実体験で、
<叶えたいことは強く強く思っていた方が叶いやすい。>
ことを普通に実感する毎日です。


そして、

<ただ思うだけで無く、常に意識し続けること。

頭の片隅に置くだけでは無く、心の片隅に常に叶えたい願いを置いておくこと。>


<思うだけで無く、

それを実現していく為に必要な行動は何かを考えること。>


<実現する為に必要な行動を起こすこと。>


<自分の願望を実現する為に必要な行動を起こし、それが失敗したなら、失敗した敗因の原因を考えること。

⇒失敗した原因を探り出せたら、それを省き、成功する為の別な方法を試してみること。
⇒その行動を 継続 し続けること。>


等々が必要、とも。


そして何より、

<『やっても駄目だ、無駄だ、どうせやっても失敗に終わるに決まっている。』という様に自分で自分を見限り決め付けることを、しないこと。>

<自分と他人の中に本来備わっている 可能性 を信じること。>

が大切、と。


自分(と他人)を否定し疑うことからは何も生みませんよね。



f:id:hanagoromomo:20150619203205p:plain


 余談。

ところで、私は不健康な人間です。

小さな頃から、習い事でも勉強でも、何かを始めると、そこそこまで行くんですが、
不健康で丈夫な体では無かったので、チャンスを失うことばかりでした。

世の中、『お金が無い為にしたいことが出来なくて苦しい。お金さえあれば!』という悩みの人達も居れば、
私の様に自分の体に泣くことが多い半生の人達もいる訳で。
体は全ての基本で、健康は資本ですよ・・・。

また、
世間では[女性なら子どもを産めて母親になれることが当たり前]とみなされがちですが、
私の場合はそこも足りませんでした、
医師のお墨つきで妊娠は・・・・・・と。

『人間として、
女性として、
普通の健康体では無い。』
女性としての尊厳を打ち砕かれた思いも過去に経験しました。

そこに加えて、周りからの様々な制約。
遠回りばかりの半生。

でも、自分で自身を見限ってしまったら、諦めてしまったら、死んだ人生と同じ。
だから、<自分にも他人にも誰にでも元々備えているだろう可能性を信じ続けること>を信じて、
必要なことをやり続けました。

倒れても倒れても再起すればいい。



 ちなみに、結婚後に普通の挨拶としてされる『赤ちゃんはまだ?』を笑顔でかわすのは少し・・・いや、結構辛かったなー。
だって、顔を合わす度に同じ人が言ってくる『赤ちゃんまだ?』の回数 × 数十人・数百人~分が、
私が実際に受ける分だったんですもの。
一人の人が数回~二桁しか言ってなくても、それが合う人ごとになるので、言われる側は倍々で増えていくんですね。
後になってから、言ってくる人の内、半分以上は『今日のお天気は~』といった話題と同じ感覚で言ってるだけなんだろうなーと思えるようになりましたが、
結婚により、環境から何から何まで変わった変化に対応しつつ余裕が無かった当時は、きつかったです。^^;



結果、体調面に関しては、医師もびっくり、『医師会の集まりで発表させてくれ。』といった経緯も過去に通過して、
妊娠中トラブル続きだったものの出産まで母子共に持たせ、現在母親としても暮らしていますし、
普通は、寝たり起きたりや、通院になるところを、
そういうのを無しに普通に過ごしています。

何でも無い方にはそこら辺に転がっている石ころ位にしか感じないかもしれないけれど、
普通 って、素晴らしいことですね。

私、本来は自分は短命=死という存在が日常だったし、
健康面が普通じゃないから、余計にそう思います。

免疫関係の弱さから出る様々な症状も、手術等で対処出来ることも、昔、次々と済ませてきたけれど、今もまだ、重症貧血が残ってて、これは医師のお墨つきでもう対処しても治らないそうなので、
私は毎日、血液関係で人に必要な数値未満で暮らしてます。

何も問題無いです。
『専門家の○○さんから駄目だと言われたから自分だ駄目なんだ。』と思い込むのが駄目なのね。そこから負のスパイラルしか生まないもの。

『もう駄目・・・って、誰が決めたの?
まずはやってみないことには分からないのに。
挑戦してみなければ分からないことは世の中にたくさんある。
失敗してもそれを次に活かせば、失敗は成功の元。』

と私は思ってます。

私の様に専門医から、悪い意味でのお墨つきを頂いても、それが本当のお墨つきに固定されてしまうかどうかは、
いろいろ挑戦し続けて打つ手が何もなくなってからで遅くない、と。

自分の中にも、
他者の中にも、
『負を正にひっくり返せるだけの可能性が備わっている
はず。』
と、私は信じています。
そして、医師からの判断をひっくり返しながら来ました。


 『自分がもっと健康体だったなら。
自分がもっと普通の健康体だったなら
(もっと色々出来たのに)
(もっと前へ前へ進んでいける半生だったのに)。』

と、一度も思わなかったのは嘘になるかな。
でも、愚痴ってるだけじゃ何も始まらない。

だから私、自分の半生に後悔無し。
<やるだけやりきっての今>だし、その過程で出会った人達&出来事が全部、宝物だなぁ、と思うから。

ただ、精神力も、体も、かなり無茶をしてきたので、
『これ以上無茶は出来ないし、これからは特に自分の年齢も考慮する必要あるな~。』
年代が変わったのを契機に、
<自分の成長に必要な、成長痛を伴う無理は今後もし続けるけれど、無茶はしない>というセーブしながらのやり方に変更♪



f:id:hanagoromomo:20150619203205p:plain


 余談が過ぎました。
CITTA手帳の話題に戻します。(`・ω・´)キリッ

自分で叶えたいこと・・・つまり<自分で実現したいこと>

を記帳する専用の手帳やノートは既に使っていて、そこにいつかこうなったらいいなぁ⇒いついつまでに実現したい(願望)⇒いついつまでに必ず実現する(決意)>を記帳していた私ですが、


それを 予定・日程を記帳するプランナーの 月間・週間 のページに実際に <叶えたい(実現したい)ことを実際の具体的な予定・日程として記帳⇒組み込んでしまう>CITTA手帳式 のやり方

は、CITTA手帳を購入するまでやっていませんでしたー。

なんてこったい、詰めが甘かったです~。(´;ω;`)

ってところに、自分で気付けて良かったというお話です。(`・ω・´)b



で・・・実際ですが・・・

2014~2015年は私にとって、手帳の活用の仕方をかなり深く突っ込んで見直していた時期でもあって、CITTA手帳2015年版をあまり活用出来ていませんでした。(≧□≦)スイマセンシタァァァァァァァ!!
ということで、2016年版から本格的にCITTA手帳の活用開始中。


手帳を作られたCHIGUSAさんのHPや動画、CITTA手帳愛用者さん達のBlog等々も熟読しつつ使っているんですが、


何これ厳しい!


もちろん良い意味で!


叶えたいことを実際の予定に組み込むことも、

それを手帳に書いてしまうことも、

結構、勇気要りますもん。

自分に対する宣言でもあるし、

自分で自分を騙すことは出来ない。

つまり、書いてしまったら、それを実現していくしか無い!


ワクワクリストも含めて

このCITTA手帳の 叱咤激励ぶりの装置がいい です♪( ´艸`)



 で・・・ですね・・・私がドキッとしたのが、
CITTA手帳を使われている石井たみこさんのブログ心が喜ぶことをしよう♪~羊毛フェルトとときどきパンと~で、下記のリンク先で読んだ、


引用ここから→最初のワークとして、一か月分(52個)の
『(考えるだけで)ワクワク(することの)リスト』を
書いていくのですが、

あまりにも荒唐無稽な叶いそうにない夢は、
『無意識に無いことにしている』ことに
気がついてしまいました!!

叶うとか叶わないとかを決めるのは自分じゃないなと。

ワクワクすることを書けば良いんだからと思って
書いていくと、無かったことにしていた思いが
次々とあふれ出てきました♡
←引用ここまで


<叶う叶わないを決めるのは自分では無い>と、私もやってきたんですが、
自分ではそのつもりが無いだけで知らず知らず無意識に<無いことにしている>かもしれないな、と。



次に、頭を打ちぬかれたように感じたのがこれ。

引用ここから→「これが全部叶ったら死んでも良い!と思える
くらい全部書いてください♪」とのことなので
すごい妄想も全部書きました(笑)←ここまで引用


私は過去に、
大げさじゃなく、『自分はこの為に、この願いを叶える為に生まれてきた。普通に考えて叶えるのは不可能だけど叶えたい。』と言える程心のそこからずっとずっと願ってきたとある事を実現したことがありました、
不可能と断言出来るけれど、大変でも困難でも時間がかかっても実現させたい、と・・・。

次に、『上記を実現出来たら、これを叶えたい。』ということもありまして、それは自分にとって8割り成功。
つまり、失敗。
敗北。

それを思い出しました。

『このまま死んだら絶対後悔する。
臨終の際に絶対後悔したくない!やるだけやりきるんだ!』とやっていた過去のことを思い出しました。

『自分で無理と思って諦めていなかったかな?』と、
振り返りました。

ちょっと所じゃなく・・・もっと振り返りたい(←自分の中での再確認作業)なと思いました、うん。



ameblo.jp



 これからずっと使っていく手帳を見直しもしていた2014~2015年は、私にとって、ちょっとおさぼりが入っていた期間。
2016年~は本来の自分をもっと発揮出来る様にやっていきたい♪

こういう思いで2016年以降に向けて私は舵を切ってあれこれやっていたところです。


 
 私は、CITTA手帳以外の他の手帳も併用しています。

どの手帳をどんな風に何の為に使うか決めて愛用しています。

それぞれの手帳の良さ、です。

1冊の手帳だけを使う手帳愛用者もいれば、

私の様に複数の手帳を使う手帳愛用者も居ますよね。

今までは、他の手帳に、日常生活の記録から大事なことまで全て記録していたんですが、
読みにくさも出て分けることにした
んです。


それで、CITTA手帳には、
叶えたい(実現させたい)先々(未来)のことだけを記帳

です。

・叶えたい未来の予定→→→→→黒色
・実現させる為に必要な行動→→(邪魔にならないように)茶色

の2種類だけを書いてます。
スタイルフィットを使って。


(普段は0.28使っているけど、かわいいデザイン多くて、私は水森亜土さんのも持ってる。(*´。・ω・。`*))


つまり、CITTA手帳の中身 = 願望だけ

という状態♪

この方が、私がやってきた<実現したいことだけを記帳していく専用の手帳やノート>のスタイルに近いし、
意識しやすいし、
使いやすい


これからも、

CITTA手帳に叱咤激励させながら
CITTA手帳がお尻を蹴飛ばすように自分で仕向けながら

手帳の活用方法=舵を自分でとりながら

わくわくすることをやっていきます。


CITTA手帳は今後ますます人気が出る手帳と感じます。
CITTA手帳を作成されたCHIGUSAさんの魅力と、
CITTA手帳(術)で言っていることを実際にCHIGUSAさんが体現されていることも大きい、と。


 追伸。
後で知りましたが、2015年版は1000部しか発売されていなかったんですね。(*´м`*)
長年システム手帳ユーザーで、システム手帳(と同じ使い方をする方法)をやめることが出来ず、
現在はツイストリングノートをシステム手帳同様にして、手帳の母艦として使っている私は、
<愛用する為に>そこにセットすべく分解してしまいましたよ~。(@_@;)
分解してみて初めて分かることもあるので、今のところ2016年版は分解せずそのまま使う予定。あくまで予定ですが。

それから。
こうやって手帳を活用して健康面に気を配っていくことで、
『もしかして、長生きし過ぎる方向に向かってしまったりして、自分。』と、
そこが逆に怖い。w



にほんブログ村 その他生活ブログ 手帳へ
にほんブログ村



f:id:hanagoromomo:20150619204336p:plain

[文房具] *[サイト]

[CITTA手帳] *[CITTAダイアリー]

[#CITTA手帳] *[#CITTAダイアリー]

[手帳] *[手帳] *[#手帳] *[手帖]

[#手帳ゆる友]

by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ
by カエレバ